スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レバレッジとは?

久しぶりにFX関連の記事を投稿しよう

今回は
「レバレッジ」について


以前、FX関連用語①の説明では以下のように説明した

レバレッジ:
証拠金として預け入れたお金に対して、数倍~数十倍の金額の取引が可能となる仕組みのこと。
FXの最大の魅力であるが、ハイリスク・ハイリターンのため、「諸刃の剣」ともいわれる。


10万円の資金でも、100万円相当の取引が可能となるFX

では実際、レバレッジとはどういうものなのかを説明していこう

レバレッジ(Leverage)とは、英語で「テコの作用」を意味しており、
 ←こんなの
元手の何倍の金額の取引ができるかということ

FXはこの「テコの原理」を利用したもので、
少ない金額で大きな取引をする仕組みとなっている


Q.なぜ少ない金額で大きな取引ができるの?
A.FXは差金決済といって、決済前提の取引だからです

※差金決済 : 売買した際に全額を支払うのではなく、1トレードが終わった際の差額のみをやりとりする取引のこと

ただし、いくら少ない金額で大きな取引ができるからとはいえ、
10万円の元手で1億円の取引をされてしまうと、
あっという間に元手以上の損失が発生する可能性がある

そうなってしまうと、当然、FX会社にも負担が掛かってしまう

そのため、そのリスクをなるべく抑えるよう、
レバレッジにはFX会社ごとに上限が設定されている
(必要最低証拠金という)


では元手の資金(証拠金)からレバレッジの仕組みを説明しよう


レバレッジとは

上記の例だと前提条件は
・取引通貨 : 米ドル/円
・取引レート : 1ドル=100円
・元手の資金 : 10万円
である

10万円の元手に対して
・10万円の取引(1ドル×1000通貨=1000ドル)をする ⇒ レバレッジ1倍
・20万円の取引(1ドル×2000通貨=2000ドル)をする ⇒ レバレッジ2倍
      …
・100万円の取引をする(1ドル×10000通貨=10000ドル) ⇒ レバレッジ10倍
となる

つまり、レバレッジはトレード数量により自動的に決まる


当然、取引レートが変わるとレバレッジも変化するので、
レバレッジの倍率だけを見ても、自分の適性レバレッジはわからない

あまりレバレッジの数字に左右されず、
以前、トレード数量の調整で説明したように、
自分に合ったトレード数量で取引することをオススメする

コメントの投稿

非公開コメント

広告

外国為替証拠金取引の外為オンライン  すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」  初めてのFX取引[FXブロードネット]  こだわりトレーダーからも評価抜群のトレーディングツール[FXブロードネット]  FXプライム  外国為替証拠金取引の外為オンライン
    ひまわり証券【エコトレFX】 ひまわり証券【エコトレFX】
FC2プロフ
カウンタ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク(ブログ)
リンク(ホームページ)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
こらぶろ


QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。