スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレード数量の調整②

今日の彼は20時過ぎに起きてきた
虚ろな目で何もない空間を眺めている…

大丈夫なのだろうか・・・?

ひとまず、彼は放置しておくことにして、前回に続きトレード数量の調整方法を紹介していこう

■トレード数量の調整

2.損切りを踏まえたトレード数量の決め方

 FXで儲けるコツは、いかに損を小さく抑えるか が重要になってくる
 元手が10万円しかないのに、毎回、1万通貨単位で取引をしていると
 少し負けが込んだ場合に取り返しがつかなくなる
 そこで、適正なトレード数量を計算する方法を記載しよう

 (1)トレード1回あたりの損失許容額を決める
 例えば、保証金10万円の場合
  10000円の損 ⇒ -10%減(10回損で元手が0円)
   5000円の損 ⇒  -5%減(20回損で元手が0円)
   1000円の損 ⇒  -1%減(100回損で元手が0円)
 
 ※最大でも口座残高の5%くらいに留めておくこと
 
 (2)エントリーする際に損切りポイントを決める
 例えば、米ドル/円に100円でエントリーする場合、97円50銭で損切り など
 この場合、損切りまでの値幅は 2円50銭 となる

 (3)トレード数量を計算する
 損失許容額 ÷ 損切りまでの値幅 = トレード数量
 5000円 ÷ 2円50銭 = 2000ドル/1トレード


3.トレードごとに取引数量を変化させる

 「2.損切りを踏まえたトレード数量の決め方」でトレード数量の決め方を説明したが、 
 トレードごとに変化をつけるという考え方もあるので、両方を上手に使っていくと良い

 (1)自分の調子に合わせてトレード数量を調整する
  例えば、基本のトレード数量が2000通貨の場合

  例1) 波乗り方式
   調子が良い場合 ⇒ 2倍の4000通貨にする
   調子が悪い場合 ⇒ 半分の1000通貨にする
   ※ただし、上限となるトレード数量は決めておくこと
  
  例2) リベンジ方式
   3連敗 ⇒ 1000通貨足して3000通貨にする
   4連敗 ⇒ さらに1000通貨足して4000通貨にする
   5連敗以上では増減しない

 (2)資金に応じて基本のトレード数量を調整する
  開始資金が10万円
  損失許容額は資金の5%
  基本のトレード数量が2000通貨の場合

  資金、損失許容額、損切り幅、トレード数量
  ①10万円、5000円、2円50銭、2000通貨
          ↓(1万円の利益)
  ②11万円、5500円、2円50銭、2200通貨にする
          ↓(1万円の利益)
  ③12万円、6000円、2円50銭、2400通貨にする


・・・以上が、トレード数量の調整方法である

トレード数量を増やすというのは、リスクを増やすことになるが、
上手に使うことで、リスクを減らし、利益を増やすことにも繋がるので覚えておいて損はない

さて、お腹を空かせた大きな子供が待っているので、今日はここまでにするとしよう

コメントの投稿

非公開コメント

広告

外国為替証拠金取引の外為オンライン  すべてのサービスが業界最高水準の「Spot Board」  初めてのFX取引[FXブロードネット]  こだわりトレーダーからも評価抜群のトレーディングツール[FXブロードネット]  FXプライム  外国為替証拠金取引の外為オンライン
    ひまわり証券【エコトレFX】 ひまわり証券【エコトレFX】
FC2プロフ
カウンタ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク(ブログ)
リンク(ホームページ)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
こらぶろ


QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。